Noriko's Photo  -light & shadow-

noriko223.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:食( 30 )


2017年 09月 10日

ベジタブルランチ



b0336056_22155811.jpg
b0336056_22162088.jpg


by red157earth | 2017-09-10 00:00 | | Comments(0)
2017年 06月 25日

ハーブティー

b0336056_22175292.jpg


「美し山の草木茶」は
M君が野菜と一緒に扱っているハーブティー。

今、飲んでいるのは「若返りtea」
クワ、イチョウ、人参葉、青紫蘇、クロモジの
絶妙な配合が驚くほど美味しい。

デトックス、美女茶など色々あるので
次はどれにしようかと考えるのも楽しい。







by red157earth | 2017-06-25 00:00 | | Comments(0)
2017年 06月 24日

ランチ


b0336056_15103328.jpg

b0336056_15191831.jpg
b0336056_15190573.jpg


b0336056_15033962.jpg


気功
ベジランチ
ケーキ2種盛り
アイスコーヒー






by red157earth | 2017-06-24 16:00 | | Comments(0)
2017年 05月 04日

ランチ

b0336056_23540608.jpg

気功の後のランチ、
よもぎの天ぷら
甘酒入りのスープなど
丁寧に作られたベジタブルランチは絶品。



by red157earth | 2017-05-04 00:00 | | Comments(0)
2017年 04月 08日

野菜

b0336056_17272853.jpg


M君が週一で販売する野菜、
この美味しさを知ってしまうと
スーパーでは買えなくなるから悩ましい。

なじみのある野菜のほかにも
新しい京野菜「京ラフラン」や
結球しない黒キャベツ「カーボロネロ」など
珍しい野菜もあってワクワクする。

ちなみに京ラフランは
だいこんとキャベツの仲間のコールラビを掛け合わせて生まれた新感覚の京野菜。
そのままで食べるとだいこん、茹でるとキャベツの風味が楽しめる。
最近、はまっている。








by red157earth | 2017-04-08 00:00 | | Comments(2)
2017年 03月 31日

いかなごの釘煮

b0336056_19550740.jpg
b0336056_19552475.jpg


Kさんから届いた泉州産「いかなごの釘煮」
須磨、明石、泉州沖で獲れる「いかなご」を甘辛く炊いた釘煮は
関西の春の風物詩。

ありがたいことに
今年の新物を頂いた。

美味しい!

この甘辛さに、ごはんが進む。

ちなみにKさんから泉州産を頂くまでは
兵庫県だけのものかと思っていた。

と言うのも神戸や明石では、
2月下旬のいかなご漁の解禁を待ち焦がれていた主婦らがいっせいに炊き始めると聞いていたから。
(以前、よく会っていたTさんの神戸の実家のお母様の炊く「釘煮」も絶品だった)

考えたら播磨灘から大阪湾はつながっているのだから
兵庫県だけのはずはないのだった…



by red157earth | 2017-03-31 00:00 | | Comments(2)
2017年 02月 05日

ランチ

b0336056_23411355.jpg
b0336056_23413341.jpg
b0336056_23414524.jpg


気功の後のベジランチは
小学校3年生のNちゃんも一緒に。

光射すテーブルが美しい「とんがり山のてっぺんDE!」



by red157earth | 2017-02-05 00:00 | | Comments(0)
2016年 11月 21日

ベジランチ

b0336056_14305483.jpg
b0336056_14311861.jpg



気功の後のベジタブルランチは絶品。




by red157earth | 2016-11-21 00:00 | | Comments(0)
2016年 09月 07日

すだち

b0336056_14164669.jpg


夫の叔母から毎年届く「すだち」

徳島産のすだち、
すだちの全国シェアほぼ100%だとか。


すだちは「酢橘」と書く。

「スダチバナ」の短縮語で、阿波(徳島)の方言らしい。
「酸橘」「巣立」「酢立」「酢断」などと書く場合もある。


徳島の特産品を扱うサイトに以下の記載があった。


*****

阿波邪馬台国説は阿波の剣山が高天原であり、
古事記に「田道間守」(タジマモリ)が健康の源である果実を常世の国に求めたのは
即ち阿波の徳島に「すだち」の原種の橘を探し求めたのであると郷土史家家は力説します。
すだち・ゆず等の酢柑は、梅と共にわが日本では万葉の大昔より、食用及び健康の元として珍重され、
京都御所の紫宸殿には、右近の橘・左近の桜(昔は梅であった)が今もその名残りをとどめています。
三月の雛飾りの五段目に三人の衛士に守られた橘と桜(梅)はその象徴であります。
すだちは遠く万葉の昔から他県では真似の出来ない、特産品として今日まで愛用されてきました。

*****


香り高く
焼き魚、お味噌汁、サラダ、お刺身、お豆腐…
どんな料理にも、よく合う。


爽やかな酸味と清々しい香りのすだち
贅沢に使える季節がやって来た!

ありがたいことだ。



by red157earth | 2016-09-07 14:30 | | Comments(0)
2016年 08月 29日

ランチ

b0336056_21533184.jpg


気功後は
マクロビ風のベジタブルランチ、

お喋りも弾んで楽しい時間。



More

by red157earth | 2016-08-29 00:30 | | Comments(0)